その他

美白ケアと睡眠について

2020年11月15日

お肌の美白には上質な睡眠が鍵となります。ついつい夜遅くまで起きている日が続いていては、美白を実践することは困難です。宵っ張りは美白の大敵といっても過言ではありません。肌に栄養を行き渡らせる成長ホルモンを促すには、夜の10時から深夜2時の間に眠っている必要があります。美白ケアのためには、布団に入ってからの読書や携帯でのサイト閲覧やメール操作はある程度に留めておきましょう。熟睡するためには、寝る前のテレビやパソコンもほどほどにしてください。光を見つめると脳が活性化され、眠りに就きにくくなってしまいます。お肌のトラブルやニキビの対策には、寝る前の夜食や甘いものも良くありません。肌の美白のためには、糖分や脂質の多い食べ物は日頃から食べ過ぎないよう気をつけましょう。成長ホルモンは夜中に分泌されますので、その時に肌の新陳代謝をサポートできるよう、美容液や化粧水を用いたスキンケアを夜にすると美白が期待できます。起床後に施すメイクの出来映えに反映されますので、美白ケアに役立つ方法として実行してみてください。質の良い睡眠をとるためには、ストレスを溜めないことも大切です。困ったことや気がかりなことがある状態では、布団に入ってもなかなか深くは眠れません。ストレスを溜めない方法や散らす方法、イライラを長続きさせない方法をあみ出し、お肌のケアや健康維持のためにも良く眠れるようにしましょう。カタログギフト